消費者金融の選び方について知りたい

消費者金融を選ぶ際に、一体何を比較したら良いのか分からない方もいらっしゃるかと思います。
人によって異なってきますが、ポイントはいくつかありますのでそこをチェックされるのが良いかと思いますよ。
例えば、金利で比べてみますとか即日融資をしてもらえるのかどうか、審査のスピードでくらめて見ますとか色々ありますので、ご自分が譲れない部分をメインにして選ばれるのが良いかと思います。
初めて利用される方でしたら、やはり金利について調べておかれるのが良いかと思います。


消費者金融の審査はどのくらいでしてもらえる?

消費者金融の審査は場所によって変わってくるかと思いますが、早いところが増えてきているみたいですので、比較的に時間も手間もかからなくて良いかと思います。
また、数秒で終わらせてくれるところもありますし、最短30分ほどで終わらせてくれるところもありますのでご自分の都合に合わせて選ばれるのが良いかと思います。
ちなみに、確認されるのは個人情報と信用情報についてですのでご自分でも一度ご確認されるのが良いかと思いますよ。
信用情報機関という場所にお問い合わせをしますと、ご自分の情報を知ることが出来るみたいですので気になる方は利用されてみて下さいね。


闇金融には気を付けて

ここで気を付けていただきたいのが闇金融なんです。
引っかからないようにするためには、見極める力をつけておく必要があります。
消費者金融との違いは登録番号を掲載しているかしていないか、です。
中には偽りの登録番号を掲載しているらしいので、金融会社名をネットで検索して調べてみるのが良いかと思いますよ。
最近ではネットが充実していますので、いくつか情報が出てくるのではないかと思います。

消費者金融のキャッシング審査を左右するのは勤続年数?!

キャッシングの審査を受ける前に、どのようなポイントでご自身が判断されるのかを知っていると、気持ちにゆとりが持てると思いませんか?年収やご職業も大切ですが、「勤続年数」も重視されるのをご存じでしょうか

重視される理由は、「どれだけ同じ会社に勤務していた実績があるか」の証明になるからです。「同じ会社に勤務していた実績=安定した収入があるかどうか」に繋がります。

「自分はまだ短く、5年も勤務していないからマイナス評価なのでは…」と不安に思っている方もご安心ください。日本人は年齢が若ければ若いほど、継続年数が低いことが厚生労働省の雇用動向調査から明らかになっています。そのため、キャッシング審査の勤続年数の基準もそこまでハードルが高くありません。

今回は、キャッシング審査で重視される「勤続年数」についてご説明します。


一般的な消費者金融の審査基準

消費者金融によって勤続年数をどのように審査しているかは変わります。ここでは一般的な消費者金融の評価をご紹介します。

勤続年数
5年以上     →  確実に合格ライン
1年以上5年未満  →  合格ライン
半年以上1年未満 →  最低ライン
半年未満     →  不合格ライン

継続年数を確認したら…

サラリーマン・OL(会社勤め)の方の場合、一般的に1年以上は合格ラインと言われています。自営業の方の場合、それよりも長めの年数が必要です。半年以上1年未満は最低ラインなので、申し込んでみないとわからない状況にあります。半年未満は審査落ちの可能性が高いため、申し込みはやめて、勤続年数を積み上げたほうが無難と言えるでしょう。

転職を考えている方へ

転職する予定がある方は、転職前にキャッシング審査を受けるのをおすすめします。審査に通った後に転職しても問題はありません。

非正社員の方へ

アルバイトや派遣社員の方でも、1か所に長く勤めている方は信頼度も高くなります。いろんな会社を転々としているのはマイナス評価ですが、勤続年数が長ければたとえアルバイトであっても審査は通りやすいのです。


審査で継続年数を申告しましょう!

勤続年数の調べ方

「正確な継続年数が把握できていない!」という方にご紹介したいのが、健康保険証をチェックするという方法です。お手持ちの健康保険証をご確認いただくと「資格取得年月日」が記載されています。この資格取得年月日と申込日を差し引きすれば、勤続年数がわかります。

勤続年数の嘘はばれます!

勤続年数は自己申告制なので、嘘をついても審査をする消費者金融にはばれないと考える方もいると思います。しかし、社会保険証や信用情報機関のデータからばれることもあるのです

会社の保険証には資格取得日が記載されているのと、マイナンバー制度が施行されてからは、ほとんどの会社が社会保険に加入したため、国民健康保険の方でも記載されているはずです。また、信用情報に機関にも勤務先情報が記載されており、過去にキャッシングを行っていると勤務先情報が残りますので、勤続年数の嘘がばれることがあります。

嘘がばれると恐ろしい結末が…

仮に嘘をついて審査を通過したとしても、ばれた時に一括返済を求められたり、今後一切借りることができなくなる可能性があります。キャッシング業者は様々な情報を基に審査をしていますので、嘘をついてもばれると思っていいでしょう。アルバイトでも受かるときは受かりますので、事実を申告することが何よりも大切です。


挽回可能!勤続年数が不安なあなたへ

勤続年数の審査が厳しくない業者3選

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • メガバンクながら、消費者金融同等のハードルの低さ
  • 消費者金融「アコム」と提携しているため、審査はアコムの基準になっている
アコム
  • 高い審査通過率で新規顧客数も多い
  • 審査回答まで最短30分という速さ
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」
  • 勤続年数1年未満でも積極的に審査に通過させてくれる
  • スルガ銀行の口座を開設しなくても申し込み可能

勤続年数以外の項目で挽回

キャッシングの審査には勤続年数以外にも判断される基準はたくさんあります。ご自身が自信を持って申告できる項目が揃っているなら、挽回のチャンスはあります。ひとつずつ確認してみましょう。

信用情報に関するもの
  • 他社借り入れが3件以内
  • 他社借り入れが年収の3分の1を超えていない
  • 1か月以上の滞納経験がない
  • 債務整理、または代位弁済の経験がない
  • 短期間に複数の業者に申し込んだ経験がない
信用情報以外に関するもの
  • 勤務先に在籍確認が取れる
  • 貸出対象外の職業でないこと(例:反社会的勢力の方)

安定・継続した勤め先ならご安心を

キャッシング審査の際、ご自身に安定・継続した収入があり、信用情報に傷がなければ審査に通ると言っても過言ではありません。その際、勤続年数が重視されることは、もう言うまでもありませんね。しかし、ローンサービスによって審査基準も異なりますので、油断は禁物です。ご自身に合うキャッシングプランを選択し、キャッシングを上手に活用しましょう。

 

 

消費者金融はどうして銀行系よりも金利が高い?

消費者金融はどうして銀行系カードローンよりも金利が高くなっているのでしょう。
そこには資金の調達方法による違いというものが理由として挙げられます。
しかし、金利では負ける分サービスやスピードなどに力を入れているので、一概に銀行系カードローンの方が良い融資ということではありません。


消費者金融は銀行からお金を調達するので高くなる

消費者金融は消費者でもお金を借りやすいように審査などで色々と融通を利かせていますが、彼らは融資する資金を一体どうやって集めているというのは意外と知られていません。
しかし、その実情は簡単なもので消費者金融は銀行からお金を借りて、そのお金を消費者に融資しているという構図になっているのです。
それでは、銀行から直接融資を受けた方がいいじゃないかと思う方も多いとは思いますが、実際には銀行の審査は厳しくなかなか融資を受けられるものではありません。
そのため、消費者金融がリスクを背負って融資を行い、多くの人たちに融資を行うことによってそのリスクも分散させているのです。
このように、消費者金融とは銀行と消費者をつなぐパイプ的な役割を果たしており、比較的返済能力が乏しいと見做される人でも簡単に融資を受けることが可能となっているのです。


最近ではどんどん金利も低下しているので借りやすい!

最近では消費者金融でもどんどん金利が低下しているというのはご存知でしょうか。
2010年に貸金業法が改正されてから金利の上限は20%までと決められましたが、多くの消費者金融がこれを大幅に下回る金利で融資を行っています。
これには法改正による倒産騒動によって大手キャッシング業者が銀行のグループ傘下に加わったことが起因します。
これによって大きな後ろ盾を得た業者はどんどん金利を引き下げていくことが出来るようになったのでした。

消費者金融の審査に何故か通れない場合

消費者金融を利用するのが初めてでもそうでなくとも、審査に落ちるときの原因はそう多くありません。
なぜなら、審査で確認される内容は異なる消費者金融でも似ているからです。
大きく分けて、返済能力と信用情報、あとは記入ミスがあります。
どうしてもキャッシングを利用したいという方のために、それぞれの対策と注意点をわかりやすく説明いたします。


消費者金融の審査が初めてではない場合

多くの場合、原因は信用情報が関わっています。
なぜなら、一度審査に通ったことがあるということは、返済能力には問題がないと判断されているからです。
だいたいの方は、過去のキャッシングで返済に遅れたことがあることがあるようです。
消費者金融の場合、最初の1,2回は多めに見てくれるところもありますが、会社によっては厳しいところもあります。
返済の遅延などの情報は、第三者機関に数年間は保管されてしまうためその後のキャッシングも利用しづらくなります。


消費者金融の審査が初めての場合

初めての場合、申し込みのし過ぎや記入ミスがあることが多いです。
なぜなら、消費者金融に限らず初めての申し込みが複数あると怪しまれるからです。
また、少しでも審査に通りやすくしようと嘘の記入をすると、自己申告制であっても職業などから判断されて怪しまれてしまいます。
お金を借りたいという気持ちはわかるのですが、借金を借金で返す利用者だと消費者金融に見られてしまわないように気をつけましょう。

消費者金融を利用すると毎日貧乏に向かうのか

お金がないなと思ってふと財布を見ると除くのは細かい小銭だらけ。「だめ、次の給料までお金がもたない」と考えている方が目をやるのは消費者金融の目立つ看板。親には人にお金を借りずに自分の給料だけで頑張りなさいと言われることがありますが、実際に消費者金融を選択すると本当に後悔する人生が待っているものなのでしょうか。

今回は審査を受けて消費者金融を利用することでどんな未来が待っているのかについてご紹介致します。


利息を返済するということは無駄なことか

お金を借りると必ず発生するのが金利であり元金に基づいて計算される利息です。この利息は借り入れする金額と借り入れする期間に比例するため、金額が多ければ多い程借り入れる期間が長ければ長い程多くなります。
自分が働いて稼いだ訳ではないお金を手元に置くためと消費者金融が利益を得るために必要なものなので、利息が全くない借り入れなどは存在しません。現在は新規の借り入れを行う方の借入期間によって無利息期間を設ける金融機関もありますが、その無利息がずっと続くことは無い訳です。

そして同じ金額でもただ自分で稼いで給料を手に入れる時と前借としてお金を借りる時と、お金が先に手元に来るか後に来るかによって自分のものにならない無駄な出費が発生するのです。親は子どもに対して損をする人生を送って欲しくないが故に教えてくれているのですが、果たして本当に利息は無駄な出費なのでしょうか。


お金を持っている期間にお金を払う行為

今この瞬間でなければ手に入らないものがあり、それがいつ訪れるのかは人それぞれです。やる気は時間と共に失われていくものであり、それを持続するためにはとても労力が必要でそのためだけに書かれた「モチベーションアップ」方法の本も存在します。
キッカケはどうであれ自分が今何かを始めたいと考えたのであれば、そのやる気が無くなる前にしっかりとそれを実現するためにお金をかける必要があります。そこで消費者金融を利用するために審査を受けたからと言って悪いことになる訳ではなく、逆に返済が発生することでやる気を維持させるということにも繋がります。

持続力は人それぞれ性格の問題もあるため必ずお金を借りれば必ず続くのかと言えばそうではありません。しかし今のやる気が消えてしまう前に一歩を踏み出すタイミングとしては消費者金融を利用することが一番良い方法なのです。
お金を借りることというイメージはどうしても悪い方向に向かいがちですが、借り入れ自体が自分にとって悪いことになるのかどうかは自分次第です。

消費者金融審査で断られる理由・居住年数

消費者金融の審査は仮に落ちたとしても、「なぜ落ちたのか」は教えてくれません。それによって申込条件は明記されているものから明確であったとしても、内容の詳細はわからないものです。申込条件に全く会っていない人が申し込んだのであれば、審査前にお断りを受けます。無駄足になりますので、まず申込条件を確認しましょう。申込条件には年齢、職業形態、収入、居住地区、居住年数、勤務年数などが書かれてあり、その範囲であるもしくは特に制限されている項目がなければ、該当する人は誰でも申し込むことが出来るということになります。


<居住年数が原因で落ちるケース>

申込条件に居住年数がなければ、それが原因で審査落ち擦る可能性が極めて低いのかというと、そういう事ではありません。居住年数に制限を設けていないのには「転勤」や「新居の購入」もあるからです。そういった信用度は高いのに居住年数だけで否決にするのはもったいないといった属性の人も取り込むためには、制限を設けないほうが当然消費者金融側にとってもメリットがあります。居住年数がネガティブ情報となる人は、審査に加味すればいいのです。おおよそ2年以上の居住が良好な情報で、半年以上1年未満というのはネガティブ。半年未満ともなればよほど他のポジティブ情報がない限り、否決となる可能性は高くなります。消費者金融ごとの審査基準がありますので、あくまでの参考です。

銀行よりも消費者金融を利用すべし!

お金に困っている人は、どの金融機関に頼ればいいのか困ってしまうかもしれませんね。
初めてお金を借りると言う人であれば、銀行よりも消費者金融の方が申し込みがしやすくていいのではないかと思います。
審査もそこまで厳しいと言うわけではないので、大きな問題が無ければ通ることが可能です、
また、テレビでもCMが流れている場所を選ぶのがいいと言われているから、ぜひ色々情報収集をしてから決めるようにして。


消費者金融の審査って?

金融機関によって全く別の事をするというわけではないので、安心して大丈夫ですよ。
消費者金融も銀行も審査内容は全く同じですし、確認する項目も一緒ですから特別なことをしなくても平気。
個人情報と信用情報を確認し、必要であれば収入証明書を提出して異常がなければ通過することが出来ます。
消費者金融の中には、レディースもありますから女性でも安心して申し込めるようになっているんですよ。


他の場所では落ちたのに通れた!

あの金融会社には落とされてしまったのに、こっちの金融会社では通ることが出来た!なんていう人もいますよね。
なぜそう言う事があるのかと言うと、金融機関によって審査基準が異なるためだと言われています。
だから、他の消費者金融ではだめでも違う場所では通ることが可能な場合もあるんだそうです。

明確な審査基準を有する消費者金融の利用

貸金業に関する法規制が敷かれてからは、法外な利息を吹っかけられることも無く、悪質な取り立てが無くなったとは言え、安心できない貸金業者が存在している事に変わりはないようです。審査基準を明確にし、テレビコマーシャルなどで大々的に広告を行っている、銀行がバックアップしている消費者金融であれば、利用者から非難を浴びる様な行為があると、銀行や行政から厳しい監督指導が入る可能性があるので、常に安心と信頼を意識した融資が行われます。


<初めての消費者金融の利用>

初めてお金を借りる時は分からないことが多く、不安な気持ちで消費者金融の門を叩くことになります。借金は内密にしたいことが殆どなので、こっそり借りたい気持ちが優先するあまり、市中にまかれた甘い文言のビラにつられ、曖昧な審査だけで衝動的にお金を借り、後で苦い思いをすることがあります。そんな状況を作らないためにも、冷静な判断が下せるように常日頃から事前知識を得ておくことが安全です。借金経験が浅い人ほど、安心できるしっかりした審査が行われる大手消費者金融の利用がお勧めです。


<誠実な対応は金融機関にも通じます>

お金を借りる場合に大事にしたいのが、審査申請・融資・返済に至るすべての過程で誠実な対応を心がけることです。誠実な対応は困った時に、金融機関から便宜を図ってもらえることもあるので、大切にしたい要素です。

消費者金融は怖くないから安心

消費者金融に対して怖いイメージを持っている人もいますが、正しく利用している分には何も怖くないですよ。
怖い人が家に取り立てとかくるのではないかと思っている人もいるようですが、それは恐らく闇金融の方だと思います。
信頼できる金融会社を利用して、正しく使う分には大丈夫ですので安心していいですよ。
利用する前には、色々調べてみたり人気ランキングを見て決めるのが良いでしょう。


消費者金融の審査って厳しいの?

消費者金融の審査はどこまで厳しくないので、そんなに不安に思わなくても大丈夫ですよ。
個人情報と信用情報について確認をされますが、本当にひどくなければ問題なく通ることが出来ます。
ただ、他社からすでに複数借入をしている人とかブラックリストに載っている人は、落ちてしまう可能性が高いのでご注意を。
安定した収入を得ていない人も、審査には通りにくいと言われていますので気を付けて下さい。


返済を停滞させないこと!

消費者金融で借入をしたら、必ず返済をしなければいけません。
毎月返済日に支払うのですが、お金がないからといって延滞したり停滞させるのはやめましょう。
もしそうなってしまった時は、必ず相手側に連絡を入れて話しておくべきです。
何も言わずに返済しないよりは良いので、きちんと説明をして対処しましょう。

消費者金融の特徴について知りたい

消費者金融を利用する際に、やはり特徴について知っておきたいとは思いませんか?
特徴は、即時審査をしていただけるところや多彩なお申し込み方法、多様な返済方法などだと思います。
審査が早くなってきているのは急いでいるときにとても助かりますし、色々なお申し込み方がある方がご自分に合わせて選ぶことが出来すので嬉しいですよね。
わざわざ窓口まで出向く必要がないので、ご自宅から近いATMなどから利用できるのも大きな特徴となっているのではないかと思います。


消費者金融での返済について

消費者金融で借入をした時に必ず返済しなければいけませんが、返済もお近くのATMからすることも可能となっていますので、非常に助かるのではないかと思います。
やはりいちいち窓口まで出向かなくて良いというのが一番うれしいことだと思います。
リボルビング返済もできますし、自由な返済方法がありますのでご自分に合っている方法で返済されるのが良いかと思いますよ。
また、ご自分が返済できない金額を借入しないように本当に必要な分だけ借り入れするようにされるのが良いかと思います。


評判や口コミについて調べてみよう

また、ご自分が気になっている消費者金融についての評判や口コミについて調べてみるのも良いかと思いますよ。
今ではネットが充実していますから、色々な情報が出てくるかと思います。
実際に利用されている方やされていた方の意見ですので、非常に参考になるのではないかと思います。
実際に利用されているからわかることもあるかと思いますので、まずは色々調べてみることをお勧めします。

消費者金融はアルバイトでも利用できますか?

消費者金融を利用されている方もいらっしゃるかと思いますが、アルバイトの方でも利用することが出来るのか気になっている方もいるかと思います。
条件を満たしている方でしたら、アルバイトの方やパートの方でも利用することが出来るようになっています。
その条件は、満20歳以上で安定した収入を得ている方だそうです。
この条件を満たしている方でしたらどなたでも消費者金融を利用することが出来ますので、現在お悩みの方は調べてみて下さいね。


消費者金融の審査って厳しいの?

消費者金融を利用する際には審査が必要になってきますが、それは厳しいのか気にしている方もいらっしゃるかと思います。
ですが実際はそんな事は無いかと思いますよ。
確認するのは、年齢や住所・勤務先や年収についてですのでよほどのことが無い限りでしたら無事通ることが出来るかと思います。
ただ、極端に勤続年数が少ない方や安定した収入を得ていない方に関しては通りづらくなっているみたいですので、気を付けるようにして下さいね。


いざという時の為に

いざという時の為に、カードだけ持っておかれることもお勧めですね。
万が一、突然現金が必要になってしまった時にクレジットカードでお金を借りる事はできませんので、念のために持っておかれるのが良いのかもしれません。
もちろん、むやみに利用してしまいますと今度はそれが癖になってしまったりしますのでそういったことは避けるべきだと思います。
また、ご自分の返済能力を超えた金額を借入しないようにして下さればと思います。

いざという時のための消費者金融

消費者金融はいざという時には非常に便利で助かるものですので、念のためにカードだけ持っておかれるのも良いかと思います。
急な事故や入院・葬儀などでまとまったお金が必要になってしまったけれどそんなに持っていない・・・そんな時に助かるのが消費者金融なのです。
クレジットカードはお金の代わりになるものですが、借入はできないですよね。
だからこそ、消費者金融の借入が非常に頼もしくなるのです!


安定した収入が無いと審査に落ちてしまう?

消費者金融を利用する時には審査をしますが、安定した収入を得ていない方は審査に落ちてしまう可能性がありますので気を付けるようにして下さい。
やはり貸した金額を返せない方にお金を貸すのは難しい話ですので、そうなっているのだと思います。
もしご自分が反対の立場でしたら、やはり困ってしまいますよね。
安定した収入を得ている方でしたら通ることが出来るかと思いますよ。


返済はきっちりと!

ご自分が借りた金額は責任をもってしっかり返すようにしましょう。
返済日を必ず守っていただきたいのですが、それが難しくなってしまった場合は担当者の方に連絡を入れて相談されるのが良いかと思いますよ。
一番は、ご自分が返済できない金額を借入してしまわない事だと思いますので、本当に必要な分だけ借り入れするようにされるのが良いかと思います。
返済のこともしっかり頭に入れて借入をするようにしていただければと思います。

信頼できる消費者金融を選ぼう

消費者金融を利用するのでしたら、やはり信頼できるところを選んで利用したいですよね。
だけど、どのように探したらよいのか分からない方もいらっしゃるかと思います。
そんな時は色々情報を集めてみることをおすすめします、まずは情報を集める方が把握できることも多いので良いかと思います。
最近ではネットが充実していますので、色々な情報を得ることが出来るのではないかと思います。


消費者金融の審査はどうなっているの?

消費者金融の審査について気にしている方も、中にはいらっしゃるかと思いますが一体何を確認されるのでしょうか?
確認されるのは、個人情報と信用情報だそうですよ。
年齢や住所・勤務先や年収などについて確認されるみたいですので、嘘偽りの内容に記入するようにして下さいね。
既に複数借入をしている方や勤続年数が極端に少ない方は、審査に落ちてしまう可能性がありますので気を付けるようにして下さいね。


返済はしっかりするように

返済についてなのですが、消費者金融以外でも借りたものを返済することは常識です。
延滞してしまったりしないように、必ず返済日を守るようにしましょう。
あまりにも延滞してしまったりしますと、ご自身の印象が悪くなったり信用を失ってしまう事になりかねますので、気を付けていただけたらと思います。
返済に無理が無いように余裕をもって借入をすることが大事だと思いますよ。