サラ金はどうして銀行系よりも金利が高い?

サラ金は、どうして銀行系カードローンよりも金利が高くなっているのでしょう。
そこには資金の調達方法による違いというものが理由として挙げられます。
しかし、金利では負ける分サービスやスピードなどに力を入れているので、一概に銀行系カードローンの方が良い融資ということではありません。


サラ金は銀行からお金を調達するので高くなる

消費者金融は、消費者でもお金を借りやすいように審査などで色々と融通を利かせていますが、彼らは融資する資金を一体どうやって集めているというのは意外と知られていません。
しかし、その実情は簡単なものでサラ金は銀行からお金を借りて、そのお金を消費者に融資しているという構図になっているのです。
それでは、銀行から直接融資を受けた方がいいじゃないかと思う方も多いとは思いますが、実際には銀行の審査は厳しくなかなか融資を受けられるものではありません。
そのため、サラ金がリスクを背負って融資を行い、多くの人たちに融資を行うことによってそのリスクも分散させているのです。
このように、サラ金とは銀行と消費者をつなぐパイプ的な役割を果たしており、比較的返済能力が乏しいと見做される人でも簡単に融資を受けることが可能となっているのです。


最近ではどんどん金利も低下しているので借りやすい!

最近では消費者金融でもどんどん金利が低下しているというのはご存知でしょうか。
2010年に貸金業法が改正されてから金利の上限は20%までと決められましたが、多くの消費者金融がこれを大幅に下回る金利で融資を行っています。
これには法改正による倒産騒動によって大手キャッシング業者が銀行のグループ傘下に加わったことが起因します。(※大手のサラ金情報についてはこちら→サラ金比較NAVI)
これによって大きな後ろ盾を得た業者はどんどん金利を引き下げていくことが出来るようになったのでした。