消費者金融審査で断られる理由・居住年数

消費者金融の審査は仮に落ちたとしても、「なぜ落ちたのか」は教えてくれません。それによって申込条件は明記されているものから明確であったとしても、内容の詳細はわからないものです。申込条件に全く会っていない人が申し込んだのであれば、審査前にお断りを受けます。無駄足になりますので、まず申込条件を確認しましょう。申込条件には年齢、職業形態、収入、居住地区、居住年数、勤務年数などが書かれてあり、その範囲であるもしくは特に制限されている項目がなければ、該当する人は誰でも申し込むことが出来るということになります。


<居住年数が原因で落ちるケース>

申込条件に居住年数がなければ、それが原因で審査落ち擦る可能性が極めて低いのかというと、そういう事ではありません。居住年数に制限を設けていないのには「転勤」や「新居の購入」もあるからです。そういった信用度は高いのに居住年数だけで否決にするのはもったいないといった属性の人も取り込むためには、制限を設けないほうが当然消費者金融側にとってもメリットがあります。居住年数がネガティブ情報となる人は、審査に加味すればいいのです。おおよそ2年以上の居住が良好な情報で、半年以上1年未満というのはネガティブ。半年未満ともなればよほど他のポジティブ情報がない限り、否決となる可能性は高くなります。消費者金融ごとの審査基準がありますので、あくまでの参考です。

銀行よりも消費者金融を利用すべし!

お金に困っている人は、どの金融機関に頼ればいいのか困ってしまうかもしれませんね。
初めてお金を借りると言う人であれば、銀行よりも消費者金融の方が申し込みがしやすくていいのではないかと思います。
審査もそこまで厳しいと言うわけではないので、大きな問題が無ければ通ることが可能です、
また、テレビでもCMが流れている場所を選ぶのがいいと言われているから、ぜひ色々情報収集をしてから決めるようにして。


消費者金融の審査って?

金融機関によって全く別の事をするというわけではないので、安心して大丈夫ですよ。
消費者金融も銀行も審査内容は全く同じですし、確認する項目も一緒ですから特別なことをしなくても平気。
個人情報と信用情報を確認し、必要であれば収入証明書を提出して異常がなければ通過することが出来ます。
消費者金融の中には、レディースもありますから女性でも安心して申し込めるようになっているんですよ。


他の場所では落ちたのに通れた!

あの金融会社には落とされてしまったのに、こっちの金融会社では通ることが出来た!なんていう人もいますよね。
なぜそう言う事があるのかと言うと、金融機関によって審査基準が異なるためだと言われています。
だから、他の消費者金融ではだめでも違う場所では通ることが可能な場合もあるんだそうです。